自己破産は2回目できる?【よくわかる債務整理のガイドまとめ】

自己破産は2回目できる?【よくわかる債務整理のガイドまとめ】

自己破産は2回目できる?【よくわかる債務整理のガイドまとめ】

自己破産の申し立てから免責の決定までの流れには、4ヶ月から6ヶ月程度必要になります。
自己破産の手続きを行う際には、借金の残高などの債務関係の情報収集や自己破産申立書の作成、申立書に必要な書類の収集などをすべて揃える必要があります。これらをすべて揃えることができれば、裁判所に申し立てを行います。
裁判所に申し立て後の流れとしては、まず破産申し立てとして1回目の出頭を行います。提出する裁判所は、申立人の住所のある地方裁判所に提出します。この時点で裁判所事務官より書類の不備や自己破産の要件を満たしているかなどを細かく確認されます。不備がなければ、申立を受け付けてもらえます。
約1ヶ月程度経つと破産の審尋として2回目の出頭です。この時に、裁判官から支払い不能になった状況などについての質問などを受けます。数日後には、破産の決定が行われます。めぼしい財産がない場合には、同時破産決定されます。免責の審尋である3回目の出頭までに官報に公告と破産の確定が行われます。免責の審尋では、免責不許可事由について質問されます。その後、債権者の異議申立期間を経て、免責が決定され、官報に公告され、免責の確定・復権となる流れです。
めぼしい財産がある場合には、破産開始決定後に破産管財人の選任が行われ、債権者集会が開かれます。その後、債権の確定と配当があり、破産手続き終了となります。その後の流れは、めぼしい財産がない場合と同じになります。

あなたに最適な債務整理方法は本当に自己破産なの?


債務整理の方法は、一人一人の借金状況・生活状況から検討していかなければなりません。
自己破産を考えていても、実は他の方法が最適である場合もあります。

ある程度の目安を知るためにも、
借金解決診断シミュレーターを利用してみてはいかがでしょうか?

迷っているなら借金解決診断シミュレーター!

⇒無料シミュレーターはこちらから
  • 24時間対応!
  • 無料診断!
  • 匿名でOK!
借金解決診断シミュレーターは簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った債務整理方法を診断してくれます。無料・匿名でできるなら気軽にできるので安心です! いくら減額できるのか、過払い金はあるのかなども診断できるので、試しに診断してみることをおすすめします。

アドバンスの無料チャットもおすすめ!
  • 無料チャットだから気軽に相談できる!
  • 実名・住所・アドレス登録も必要ナシ!
  • 完全匿名でプロの話を聞ける!

⇒弁護士法人アドバンスの無料チャットで相談してみる

-必読記事-


弁護士の選び方まとめ※相談費用の手数料も安く済ませるには?

自己破産について相談するなら何から始めたらいい?【債務整理選び方ガイド】

自己破産が1番いい方法なの?あなたに合った債務整理方法を提案します!