自己破産のデメリット-自己破産の前に知っておきたい事まとめ-

自己破産のデメリット-自己破産の前に知っておきたい事まとめ-

自己破産のデメリット-自己破産の前に知っておきたい事まとめ-

 

自己破産には借金を0円にできる代わりに、さまざまなデメリットも考えられます。
自己破産のデメリットをしっかりと把握した上で、自分に最適な債務整理方法を選択しましょう。
以下に自己破産のデメリットについて詳しく説明します。

 

 

あなたに最適な債務整理方法は本当に自己破産なの?

 

債務整理方法は、一人一人の借金状況・生活状況から検討していかなければなりません。自己破産を考えていても、実は他の方法が最適である場合もあります。

 

ある程度の目安を知るためにも、
借金解決診断シミュレーターを利用してみてはいかがでしょうか?

 

借金解決診断シミュレーターは簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った債務整理方法を診断してくれます。

  • 24時間対応!
  • 無料診断!
  • 匿名でOK!

 

無料・匿名でできるなら気軽にできるし、安心です!
いくら減額できるのか、過払い金はあるのかなども診断できるので、試しに診断してみることをおすすめします。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

自己破産のデメリットとは??

 

自己破産とは、一言で言うと債務を免除してもらうことです。
それは間違いなく、途方もない大きなメリットであると言えます。
しかし、自己破産では単に借金返済を免除してもらうだけではなく、通常、様々な条件があります。
そしてその条件のゆえに、いわゆるデメリットも発生してくるのです。

 

考えられる自己破産のデメリット
  • 必要最低限の生活費と財産以外は全て処分されてしまう(マイホームもしかり)
  • 連帯保証人がいる場合大きな迷惑をかけてしまう場合がある
  • 官報に情報が記載される
  • ブラックリストに登録される

自己破産をする場合、通常財産を手放すことからは避けられません。
また債務者が自己破産をしてしまうと、保証人は債務者に代わって債務を追わなければなりません。
自己破産を行う際には、保証人についてもよく考えなければなりません。

 

自己破産で制限されるものってあるの?ローンは?

 

自己破産によって制限されることの一つとして借り入れができなくなるということが考えられます。
これはデメリットにあげた、信用情報機関のブラックリストに情報が登録されることが関係しています。

 

クレジットカードも含めて、借り入れの際には必ず信用情報機関が情報を審査し、その審査が通れば借り入れが可能になります。従って、情報機関が信用情報を確認する際に自己破産の記録が登録されていれば、審査は通らない可能性がほとんどです。
約7年間掲載されているため、その期間中は借り入れはできないことを知っておかなければなりません。
携帯電話の購入等も分割では困難な場合があるため、現金払いが主になるでしょう。
他にも、職業や資格の制限もあります。弁護士や司法書士、会社役員などの資格を失うことになります。

官報に記載されることは、さほどデメリットと考えなくても良いでしょう。
官報は閲覧は自由ですが、一般の人が目にすることはめったにないものなので、それほど心配はしなくて良いでしょう。

>>官報に載るのが心配…気になる方はこちら!

 

自己破産の前に!自己破産後の影響

 

 

様々なデメリットがあるにしろ、数ある債務整理の方法の中でも、その効力が最も大きいものと言えばやはり自己破産です。
借金を減額する為の手続きである任意整理や個人再生と異なり、現在ある借金を全て無くすことができる法的手段である為、最もシンプルな借金問題の解決法として知られています。

 

従ってデメリットをしっかりと理解し、他の債務整理とも比較をして充分に検討しなければなりません。
法律相談所の無料相談などを利用して、専門家の意見を聞くこともとても大切です。
後悔しない借金整理を行うためにも、様々な方法での情報収集をすることをオススメします。

 

 

>>無料相談できる法律事務所について詳しくはこちら!

官報とは政府が発行している機関紙で、法律や条令等の公布をはじめとした様々な情報が掲載されているものですが、自己破産を行うとこれに住所と氏名が掲載されることになります。 自己破産による官報への掲載について具体的には破産手続きの開始決定時と、免責を受けた時の合計2回掲載されることになりますが、これによって友人や知人、勤務先などに自己破産が知られてしまうのではないか、という懸念を抱いている人も少なくありません。 確かに官報は誰でも閲覧できるものなので、知られてしまう可能性はゼロとは言えませんが、現実問題として一般の人が官報を閲覧することは稀ですし、休日以外は毎日発行され膨大な情報が掲載されている中で、偶然知人が自分の情報を発見するという可能性は極めて低いと言えます。 官報への掲載を過剰にデメリットと捉えることなく、必要に応じて自己破産を検討しましょう。 銀行の系統の消費者金融業者は、可能であれば融資が実行できるような会社独自の審査における基準を設定しているので、銀行カードでのローンが蹴られた方は、銀行系列の消費者金融会社ならいける可能性があります。 直近3ヶ月の期間内に消費者金融会社のローン審査に落ちたという履歴があるのなら、次に申し込んだ審査に無事通るのは大変なので、ほとぼりがさめるのを待つか一から出直した方が手っ取り早いということは容易に想像がつきます。 突然の物入りがあっても、即日融資に対処してくれるので、早速お金を入手することができるというわけです。知名度の高い消費者金融会社なら、安心して借り入れをすることが可能です。 仮に無利息という条件でキャッシングが可能である消費者金融を探しているなら、即日審査に加えて即日キャッシングも応じられるので、大手で安心できるプロミスが一番いいと思います。 現実に利用した人々からの生の声は、なかなか聞けるものではなく重要なものです。消費者金融系の金融会社から融資を受けようと考えているなら、先に書かれている口コミを閲覧することが何をおいても重要だと思います。 誰でも不安な気持ちにならずに借りられる消費者金融会社を比較ランキング化してわかりやすい一覧表に整理したので、悩むことなく、落ち着いてお金を貸してもらうことが可能です。 全国規模の消費者金融業者であれば、即日審査に加えて即日融資で貸付を受ける場合でも、融資金利については低金利でお金を貸してもらうことができると思いますので、気持ちに余裕をもって借りることができることでしょう。 特に、消費者金融においての審査に繰り返しパスしなかったのになお、次から次へと別の金融業者に申し込みをしてしまったら、次に申し込んだ審査に通りづらくなるのは当たり前なので、注意しなければなりません。 自分に合いそうな消費者金融があった場合は、冷静にそこについての口コミも調べた方がいいでしょう。希望に沿った金利でも、そこだけで他の点は駄目などという業者では困りますので。 高金利で借りることしかできないはずなどという考えを捨てて、複数の消費者金融を比較してみることが大切です。審査結果とか金融商品次第では、思ったより低金利で借り換えてしまえるケースも少なくないというのが現状です。 金利が低い場合は負担額も少なくなることになりますが、お金を返しに行く際に交通の便のいい場所に決めるなど、様々な視点から各々消費者金融を利用するにあたり比較を試みる部分が存在することでしょう。 大半の規模の大きな消費者金融会社は、契約の完了を確認した後に指定の金融機関口座へ即日の振り込みも可能な即日振込サービスとか、初めての申し込みの方には最大30日間無利息でお金を借りられるサービスなどを用意しています。 融資の無利息サービスは、個々の消費者金融業者により変わってくるので、インターネットを使ってできるだけ多くの一覧サイトを多面的に比較しつつチェックすることで、自分に向いている利用しやすいサービスを見つけ出すことができると思います。 お金を用意しなければならなくて、その上すぐさま完済できるようなキャッシングをする場合は、消費者金融が提供する低金利ではなく無利息の金融商品を利用することも、とても有意義なものになり得るのです。 消費者金融系のローン会社から貸付をしてもらう場合、注目したいのは低金利比較のことではないかと思います。平成22年6月より改正貸金業法が施行され、制限の多い業法となったので、今まで以上に規制の項目が徹底されました。

あなたに最適な債務整理方法は本当に自己破産なの?


債務整理の方法は、一人一人の借金状況・生活状況から検討していかなければなりません。
自己破産を考えていても、実は他の方法が最適である場合もあります。

ある程度の目安を知るためにも、
借金解決診断シミュレーターを利用してみてはいかがでしょうか?

迷っているなら借金解決診断シミュレーター!

⇒無料シミュレーターはこちらから
  • 24時間対応!
  • 無料診断!
  • 匿名でOK!
借金解決診断シミュレーターは簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った債務整理方法を診断してくれます。無料・匿名でできるなら気軽にできるので安心です! いくら減額できるのか、過払い金はあるのかなども診断できるので、試しに診断してみることをおすすめします。

アドバンスの無料チャットもおすすめ!
  • 無料チャットだから気軽に相談できる!
  • 実名・住所・アドレス登録も必要ナシ!
  • 完全匿名でプロの話を聞ける!

⇒弁護士法人アドバンスの無料チャットで相談してみる

-必読記事-


弁護士の選び方まとめ※相談費用の手数料も安く済ませるには?

自己破産について相談するなら何から始めたらいい?【債務整理選び方ガイド】

自己破産が1番いい方法なの?あなたに合った債務整理方法を提案します!